新刊案内 一覧

323772.jpg

もの 現代的実体主義の存在論

加地大介

定価 :本体4,000円+税

個体・因果・時間にまつわるアポリアに解決の見通しを与え、実在の本性に迫る包括的形而上学理論。

299502.jpg

神田明神のこころ

大鳥居信史編著
清水祥彦 / 岸川雅範

定価 :本体1,600円+税

神道と日本人の心とはなにか。若者や企業人にも人気の、魅力の神田明神をテーマに、そのすべてが分かる一冊。

325482.jpg

秘教講義2

R.シュタイナー
高橋巖

定価 :本体4,500円+税

「霊学自由大学第一学級のための秘教再講義」全7講、「秘教講義」プラハ・ベルン・ロンドン、「クリスマス会議」より三つの講演、訳者による「シュタイナー秘教講義」読み方(第1講を例に)を収録。

325472.jpg

秘教講義1

R.シュタイナー
高橋巖

定価 :本体4,800円+税

長らく非公開の人智学の奥義書がここに! シュタイナー最晩年、霊性体験の究極の営み。「霊学自由大学第一学級のための秘教講義」全19講を収録。

436542.jpg

あのときの蒼い空 それぞれの戦争

比企寿美子

定価 :本体1,800円+税

戦争は市井の人の心に何を残したのか。幼い頃に空襲を体験したエッセイストが、身近な人々、忘れ難い人々の、かけがえのない人生の〈物語〉を活写。

436532.jpg

人間いたるところ青山あり 父に捧げる乾杯のうた

加藤ヒロユキ

定価 :本体1,800円+税

サラリーマンから事業経営者を経て60歳で医者となった昭和男の生き方。逆転の発想で人生の荒波を乗り越え果敢に生きてきた父親の姿。根底に流れる独自の人生哲学を綴る。

おすすめの一冊

363603.jpg

●朝日新聞(2011.3.20)「本の舞台裏」 こんなとき開くなら

「この無慈悲な災害をどう受け止めたらいいのか」東京大学名誉教授の姜尚中氏が本書を推薦しています。「――フランクルは、人生に生きる意味があるのかと私たちが問いかけるのではなく、人生が私たちに『今とここ』でたえず問いかけるのであり、それに答えることが生きることであると述べています」
◇1993年初版、現在69刷のロングセラー◇